(Reblogged from t01353ak)

妖怪メダルと商戦と。

妖怪メダル購入の為に、店舗内を親子で長蛇の列が出来ています。

おもちゃ売り場に列を作っていて、
波及効果を期待しているのかな?と思うのですが、
イマイチターゲットマッチングやコミュニケーションがしきれてない。
目の前に金の生る木が大量にいるのに取りこぼす。

私がここの責任者だったら、ガンガン煽る場所を作ってみる。

なんなら列を分けてABテストとか、競合と結託してマーケット情報収集を持ちかける。笑

amazingthings92:

Spheres of Influence - - by minimus

(Reblogged from amazingthings92)
重要なのは、誰かがガレージのどこかで、われわれ (Google) を追い落とそうと狙っていることだ。私にはそれが分かる。というのも、われわれはそう遠くない昔、そのようなガレージにいたからだ。変化は思いもよらない場所から現れてくるものだ。電報が郵便サービスを崩壊させた。ラジオとテレビは、ニュース産業を揺るがした。航空機は、遠洋定期船の時代を終わらせた。次のGoogleは、Googleがやっていることをしようというのではない。それは、AOLがしたことをGoogleがやらなかったのと同じだ。革新的なことはいつもダイナミックで、結果として起こる大きな変化は、未来が停滞していないことをわれわれに確信させるだろう。これが革新的なことが起こる過程だ。
(Reblogged from t01353ak)

yoshizzz:

面白いしめ縄 (奥澤神社)

(Reblogged from baikuken)

502 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 15:08:18 ID:h+FIDom00
ガッツが全米映画俳優協会最優秀外国人俳優賞を受賞したとき
受賞のお礼にと、受賞式の前に本当に貧乏な地区の孤児院とかジムを訪ねて
麻薬の売人を兄貴がやっているとか、母親がアル中だとか言う子供たちに
ボクシングを指導してたんだと。

で、ガッツは受賞式の挨拶の中で彼らのことに触れて
「俺はとんでもなく貧乏なうまれで、本当に 彼らと全く変わらない育ちだった。
ただ一つ違うのは、母が俺を信じてくれたこと。

お前は馬鹿だし、私も貧乏でなにもしてやれない。ただ、お前を信じて やることだけはできる、
っていつも言ってくれていた。

母さんはもう死んでしまったが、母親が子供を信じてくれるという、 母親でなくても
誰かが信じてくれている、それだけで、子供は自分を信じて努力して行けるんだ。
だから、君たちが まけそうになったら、友達や家族を思い出してほしい。
そして友達や家族が負けそうに なっていたら、彼のことを信じて励ましていてほしい。
それだけで、何でも できるようになるんだ。そういうことを彼らに伝えてあげたかった」

当然カタカナで書かれたカンニングペーパーを見ながらの英語の挨拶。
最初は笑い声も起こった会場がだんだん静まり返り、最後は観客全員立ち上がっての
スタンディングオベイションとなった。



- 信じてくれる 続・妄想的日常 (via shadowzero) (via msnr) (via ak47) (via iijima) (via vmconverter)
2009-04-21 (via gkojay) (via writerman-js) (via mnak) (via ipodstyle) (via iyoupapa) (via petapeta) (via fukumatsu) (via ichimonji) (via ume75) (via l9g) (via kazcorp) (via hsmt) (via bon555) (via ishida) (via kimaman) (via shinoddddd) (via reretlet) (via kuruyoku)
(Reblogged from gkojax-text)
(Reblogged from ak47)
(Reblogged from slowartday)

(Source: sickfuture)

(Reblogged from petapeta)
(Reblogged from oxygen8)